このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

タイヤ交換詐欺に注意! #自動車学校 #ペーパドライバー講習 #ペーパドライバー教習 #大阪 #京都 #滋賀 #兵庫 #運転塾 #タイヤ交換

タイヤ交換詐欺に注意! #自動車学校 #ペーパドライバー講習 #ペーパドライバー教習 #大阪 #京都 #滋賀 #兵庫 #運転塾 #タイヤ交換

タイヤの最適な交換時期を判断する基準

タイヤの交換は、いったいどのようなタイミングで行えばいいのでしょうか。ここでは、タイヤの最適な交換時期を判断する基準をご紹介します。
タイヤの溝の深さ
タイヤの最適な交換時期を判断する基準として、まずはタイヤの溝の深さをチェックする方法が挙げられます。

タイヤは車が走行することで徐々に摩耗し、溝が浅くなっていくものです。このタイヤの溝については、道路交通法により、公道走行には1.6mm以上の深さが必要であると定められています。1.6mm未満のタイヤの溝では保安基準を満たしていないため、車検に合格できません。1.6mm未満の溝のタイヤで公道を走行していると、道路交通法第62条「整備不良車両の運転禁止」違反となり、普通自動車なら違反点数2点の加算と、9,000円の反則金が科せられてしまうのです。

それでは、タイヤの溝の深さが1.6mm以上かどうかを、どうやって判断するのでしょうか?

判断基準となるのは、タイヤの溝に備わる「スリップサイン」です。このスリップサインが出てきてタイヤのトレッド面(路面と接触する面)と同じ高さになると、「スリップの危険があるレベルの摩耗」という意味なのです。

スリップサインが1ヶ所でも出たときには、必ずタイヤを交換してください。

ちなみにスリップサインは、タイヤの横にある三角マーク(△)の延長線上にあります。

ただし、スリップサインは、溝の深さが最低レベルに達していないかの目安にすぎません。

一般的にタイヤの溝が減っていけば、排水性やグリップ力(路面をつかむ力)が低下し、スリップしやすくなります。
タイヤメーカーは、夏タイヤは溝の深さが4mm以下になると、タイヤの安全性能が低下していくとしています。タイヤの溝が減ってきたと感じたら、できるだけ早く交換したほうがベターです。

オートバックスでは、メンテナンス時に溝の深さが2mm以下になっていたら、タイヤ交換をおすすめしています。

車の走行距離
車の走行距離をもとにして、タイヤの交換時期を判断するのも1つの方法です。一般的に、タイヤの溝の深さは新品で約8mmあり、タイヤのゴムは約5,000kmの走行で約1mm摩耗するといわれています。

例えば、約30,000kmを走行した車にあてはめて考えると、タイヤのゴムは約6mm摩耗をしていることになります。すると、8mm-6mm=2mmとなり、保安基準である1.6mmまでは残り0.4mmしかありません。

オートバックスでは、走行距離は約30,000kmをタイヤ交換のおすすめ時期としています。夏タイヤの安全性能が低下するとされる4mmを目安として考えるなら、走行距離が20,000km台になった段階でチェックしたほうがいいでしょう。
タイヤの使用年数
ゴム製品であるタイヤは、見た目には大きな変化がないのにもかかわらず、実はだんだんと経年劣化している部品です。車を走行させなくても少しずつ柔軟性を失い、グリップ力は低下しています。

夏タイヤの場合、使用年数が4~5年経過したタイヤは交換時期を迎えるとされています。しかし、日常でどんな路面の道を走行しているのか、どんな運転をしているのかによってタイヤの状況は変わるもの。また、タイヤを装着した車の駐車場所が屋内か屋外なのかによっても、タイヤの劣化スピードは変わってくるのです。

オートバックスでは、タイヤ使用開始から約3年での点検をおすすめしています。これは、あくまで新品タイヤの使用開始を前提とした期間なので、中古車に付いていたタイヤは、タイヤ横面に記載されている製造年を参考にしてください。
タイヤの劣化状況

タイヤの劣化状況を自分の目でチェックし、タイヤの交換時期を判断する方法もあります。

普段はあまり見ることのないタイヤの表面を、よく観察してみてください。タイヤに無数の傷が入っていることに驚くかもしれません。亀裂やひび割れが見つかったり、金属やガラスが刺さっていたりすることもあるでしょう。

タイヤのひび割れは、バースト(破裂)の原因となりうるので注意が必要です。
また、タイヤのトレッド面の減り方が不均一な「偏摩耗(へんまもう)」が起きていることもあります。タイヤの偏摩耗は、「一部だけがすり減った靴底」をイメージすればわかるとおり、路面の接地面積が少ないためグリップ力の低下を招き、車がきちんと止まることが難しくなる可能性があるのです。

目視でタイヤの劣化を見つけたら、カー用品店などの整備士に点検してもらい、タイヤ交換の必要性について判断してもらうようにしてください。

ペーパードライバー専門スクールでは自動車学校の指導員免許を持つ指導員が運転試験の内容はもちろん応用運転まで教習を行います。免許を持っていて運転にお悩みのある方はご相談ください。

「運転塾」では大阪・京都・滋賀・兵庫に出張教習しています。
お客様はご自宅や、駅などでお待ちください。
運転塾の指導員が教習車に乗って伺います。

指導内容はお客様のスキルに合わせて教習を行いますので
ご安心ください。

指導員は国家資格の「教習指導員免許」を持っております。
指導方法は豊富な経験がありますので安心してご利用いただけます。

教習内容はお客様が走りたい、行きたいところをおっしゃっていただければ
教習走行コースとして走ることが可能です。

ペーパードライバー専門スクールとなりますので
免許を取って運転されていない方は、この機会に練習して
みませんか。

#ペーパードライバー教習京都
#ペーパードライバー教習大阪
#ペーパードライバー教習滋賀
#ペーパードライバー教習兵庫
#出張ペーパードライバー講習
#出張ペーパードライバー教習
#ペーパードライバー教習
#ペーパードライバー脱出
#ペーパードライバー卒業
#ペーパーゴールド
#セルフ給油
#運転練習中
#運転教習
#教習
#合宿免許
#運転講習
#高速教習
#運転塾
#初心者マーク
#自動車学校
#教習所
#車校
#免許取り立て
#車庫入れ
#車庫入れできない
#車庫入れの方法
#車庫入れのテクニック
#駐車方法
#駐車のテクニック
#バック駐車

タイヤ交換カテゴリの最新記事