このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

スバル ソルテラ【試乗レポート】電費や走行距離を石井昌道氏がテスト!

スバル ソルテラ【試乗レポート】電費や走行距離を石井昌道氏がテスト!

「グーEVテストドライブとは」
各社の注目EVモデルをテストドライブ。毎回、実際の使用状況を想定した同じコース「高速道路」「ワインディング(山道)」「一般道」を走り、電費や走行性能をチェックしていく。テストの監修・ドライバーは自動車ジャーナリストの石井昌道氏が担当。

・プロフィール
石井昌道(いしい まさみち)
自動車専門誌の編集部員を経てモータージャーナリストへ。国産車、輸入車、それぞれをメインとする雑誌の編集に携わってきたため知識は幅広く、現在もジャンルを問わない執筆活動を展開。また、ワンメイク・レース等への参戦も豊富。ドライビング・テクニックとともに、クルマの楽しさを学んできた。最近ではメディアの仕事のかたわら、エコドライブの研究、および一般ドライバーへ広く普及させるため精力的に活動中。

00:14 グーEVテストドライブについて
00:19 スバル ソルテラのプロフィール
03:01 気になる電費は?
04:40 試乗後のレビュー

・レポート記事はこちら
【スバル ソルテラ】電気自動車の実力を実車でテスト!【グーEVテスト】
https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/testdrive/185213/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=Zy35JhUP10E

グーネットマガジン:中古車の購入に役立つ情報や新車情報、業界ニュースなど最新情報を配信中!
https://www.goo-net.com/magazine/

グーネット中古車:中古車情報を50万台以上掲載中!
https://www.goo-net.com/

グーワールド:輸入車・外車の中古車情報を掲載中!
https://www.gooworld.jp/

グーネット新車:新車情報を掲載中!
https://www.goo-net.com/newcar/

グーネットピット:車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索はこちらから! 
https://www.goo-net.com/pit/

グーネット定額乗り:新車・中古車のカーリース情報を掲載中!
https://carlease.goo-net.com/

グーネット買取:営業電話一切なしで、愛車の買取相場を無料でシミュレーションできる!車買取・車査定・車売却はこちらから!
https://www.goo-net.com/kaitori/

#電気自動車 #スバル #ソルテラ #グーEVテスト #グーネットマガジン

グーネット公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCpVRG6bL9JqeI2XyKfOoSdA

EVテスト 再生リスト

———————————————-

・【スバル ソルテラ】電気自動車の実力を実車でテスト!【グーEVテスト】

 欧州や中国では、クルマを取り巻く環境や政府の補助金政策なども追い風となり、EV(電気自動車)のセールスが急進。対する日本も、普及はまだまだこれからという状況ながら、補助金の充実や新しいEVの登場&上陸など、EV関連のニュースが次々とメディアをにぎわせている。そうした状況もあり、「そろそろかな」とEVが気になり始めている人も案外多いのでは?

 とはいえエンジン車とは異なり、EVの所有はハードルが高いのも事実。航続距離や充電効率、使い勝手などは車種によって大きく異なるため、どんなモデルが自分にとってベターな選択なのか、見分けるのがまだまだ難しい。

 本連載は、EVや自動運転車といったクルマの先進技術に造詣が深い自動車ジャーナリスト・石井昌道氏の監修・解説の下、各社の注目モデルを毎回、同様のルートでテスト。実際の使用状況を想定した走行パターンでチェックすることで各モデルの得手不得手を検証し、皆さんの“EV選びの悩み”を解決することを目的とする。

 今回フォーカスするモデルは、スバル「ソルテラ」のFWDモデル。トヨタとの共同開発により誕生したスバル初の量産EVは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか?

・スバル ソルテラ(FWD)のプロフィール

 スバル「ソルテラ」はトヨタ「bZ4X」の兄弟車であり、生産もトヨタの工場で行われる。

 2台はトヨタとスバルが結成したプロジェクトチームの下で製品企画やデザイン、開発、実験を共同で行った。そのため、シャシーやパワートレインといったメカニズムの大半を共用。2台の違いは、エクステリアデザインの一部と細かな装備内容、そして4WD仕様の走り味などに限られる。

 エクステリアでは、ヘッドライトやフロントバンパー、リアのコンビネーションランプにアルミホイールなどがbZ4Xとの識別点。インテリアでは、スバルの他車に共通する警告音やハーマンカードン製オーディオ、発熱エリアがbZ4Xのそれより広いシートヒーター、上級グレードに用意されるタンカラーのシートなどがスバルらしさをアピールする。

 ちなみに、ソルテラは210mm、bZ4Xは180mmという最低地上高を確保するが、これはスバル側が「EVでも悪路走破性は外せない」と強く主張した結果、実現したもの。トヨタ側がその主張を受け入れたことで、2台はたっぷりとしたロードクリアランスを確保することになった。

 同様に、スバル側が主張した結果、2台の前後オーバーハングは当初のデザイン案より短くなったという。これは、アプローチアングルとデパーチャーアングルを稼ぐための方策だ。一般的に、オーバーハングは長い方が空気抵抗を軽減できるとされるものの、ソルテラとbZ4Xはそれよりも悪路走破性を重視したのである。

 ソルテラは、両社のエンジニアが共同開発した“e-TNGA”と呼ばれるEV専用プラットフォームを採用。スリーサイズは全長4690mm、全幅1860mm、全高1650mmと、bZ4Xと共通だ。

 また、71.4kWhの大容量バッテリーを搭載しながらフロアに張り出しがなく、リアシートの乗員がゆったり座れるキャビンや、フル乗車時で奥行き985mm、最大幅1288mmという空間を確保したラゲッジスペースは、2台に共通する美点である。

 bZ4Xと同様、ソルテラの駆動方式はFWDと4WDとが用意されるが、今回、試乗したのは前者で、最高出力203.9ps、最大トルク266Nmのモーターで前輪を駆動する。1度の満充電で走れる航続距離(WLTCモード)は、FWD仕様で567kmとされている。

 ちなみに、bZ4Xはサブスクでのリース販売のみとなるが、ソルテラは一般的な販売方法がとられている。

■グレード構成&価格
・「ET-SS」<FWD>(594万円)
・「ET-SS」<4WD>(638万円)
・「ET-HS」<4WD>(682万円)

■電費データ
「ET-SS」<FWD>
◎交流電力量消費率
・WLTCモード:126Wh/km
 >>>市街地モード:110Wh/km
 >>>郊外モード:119Wh/km
 >>>高速道路モード:139Wh/km

◎一充電走行距離
・WLTCモード:567km

・【高速道路】18インチ・スタッドレスタイヤは20インチのサマータイヤと同程度の電費となる

 ソルテラのEVテストは共同開発であるトヨタbZ4Xと行った。

 両車ともFWDのモデルだが、bZ4Xが20インチを履いていたのに対して、ソルテラは18インチ。しかもスタッドレスタイヤだったので、標準装着タイヤに比べると電費はやや不利であり、一般的には10%程度悪化すると言われている。

 bZ4X FWD 20インチタイヤのWLTC高速電費は6.45km/kWhなのに対してソルテラ FWD 18インチタイヤ(標準装着)は7.19km/kWhとなっている。今回の電費は制限速度100km/h区間のその1が4.7km/kWh、その4が5.4km/kWh、制限速度70km/h区間のその2が4.9km/kWh、その3が5.5km/kWhだった。

 bZ4Xは制限速度100km/h区間のその1が5.1km/kWh、その4が5.2km/kWh、制限速度70km/h区間のその2が5.2km/kWh、その3が5.5km/kWh。

 ソルテラのほうがその1とその2がちょっと悪いが、これはヒーターの負荷だと思われる。というのもスタート地点までbZ4Xは1時間弱走ってきて室内が十分に温まっていたのに対してソルテラは15分程度しか経っていなくてまだ暖まっていなかった。

 その3とその4ではほとんど同じ電費になっていることから、20インチの標準装着サマータイヤと18インチのスタッドレスタイヤは、電費のポテンシャルがだいたい同じぐらいだと推測できる。

・【ワインディング】ヒーターによる負荷を考えても平均的なデータを記録した

 箱根ターンパイクでの電費は上りが1.5km/kWh、下りが3.5kWh分の回生でありbZ4Xの1.4km/kWh、3.6kWhとほぼ同様だった。

 下り始めるときの走行可能距離は54kmで下りきったときは72kmへと18km分増えていた。bZ4Xでも20km分増えていたので、これもほぼ同等であり、過去のEVテストのデータをみても車両重量的に平均的。上りは平均よりちょっとだけ悪いぐらいだが、冬場でヒーターの負荷がある分を考慮すれば妥当なところだろう。

・【一般道】WLTCに対する達成度は季節や条件を考えれば納得の範囲

 街中の電費もbZ4Xの5.1km/kWhに対してソルテラ5.0km/kWhとほぼ同一。やはり20インチの標準装着サマータイヤと18インチのスタッドレスタイヤの電費はだいたい同じとみていいようだ。

 絶対的な電費としては、あまりいいとは言えないが、その一つが年末で道路が混んでいてストップ&ゴーが増えていたことがある。ちなみにWLTC市街地モード電費は7.19km/kWhで達成率は69%。ヒーターの負荷が20%、スタッドレスタイヤが10%と考えれば、だいたい妥当なところと言えるだろう。機会があれば気候が良く……

詳しくは[レポート記事]をチェック!
https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/testdrive/185213/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=Zy35JhUP10E

スバル ソルテラのカタログ情報はこちら
https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/SOLTERRA/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=Zy35JhUP10E

SUBARUカテゴリの最新記事