このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

トヨタ bZ4X【試乗レポート】電費や走行距離を石井昌道氏がテスト!

トヨタ bZ4X【試乗レポート】電費や走行距離を石井昌道氏がテスト!

「グーEVテストドライブとは」
各社の注目EVモデルをテストドライブ。毎回、実際の使用状況を想定した同じコース「高速道路」「ワインディング(山道)」「一般道」を走り、電費や走行性能をチェックしていく。テストの監修・ドライバーは自動車ジャーナリストの石井昌道氏が担当。

・プロフィール
石井昌道(いしい まさみち)
自動車専門誌の編集部員を経てモータージャーナリストへ。国産車、輸入車、それぞれをメインとする雑誌の編集に携わってきたため知識は幅広く、現在もジャンルを問わない執筆活動を展開。また、ワンメイク・レース等への参戦も豊富。ドライビング・テクニックとともに、クルマの楽しさを学んできた。最近ではメディアの仕事のかたわら、エコドライブの研究、および一般ドライバーへ広く普及させるため精力的に活動中。

00:14 グーEVテストドライブについて
00:19 トヨタ bZ4Xのプロフィール
02:35 気になる電費は?
04:15 試乗後のレビュー

・レポート記事はこちら
【トヨタ bZ4X】電気自動車の実力を実車でテスト!【グーEVテスト】
https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/testdrive/185212/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=B4LZ795WDgs

グーネットマガジン:中古車の購入に役立つ情報や新車情報、業界ニュースなど最新情報を配信中!
https://www.goo-net.com/magazine/

グーネット中古車:中古車情報を50万台以上掲載中!
https://www.goo-net.com/

グーワールド:輸入車・外車の中古車情報を掲載中!
https://www.gooworld.jp/

グーネット新車:新車情報を掲載中!
https://www.goo-net.com/newcar/

グーネットピット:車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索はこちらから! 
https://www.goo-net.com/pit/

グーネット定額乗り:新車・中古車のカーリース情報を掲載中!
https://carlease.goo-net.com/

グーネット買取:営業電話一切なしで、愛車の買取相場を無料でシミュレーションできる!車買取・車査定・車売却はこちらから!
https://www.goo-net.com/kaitori/

#電気自動車 #トヨタ #bZ4X #グーEVテスト #グーネットマガジン

グーネット公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCpVRG6bL9JqeI2XyKfOoSdA

EVテスト 再生リスト

———————————————-

・【トヨタ bZ4X】電気自動車の実力を実車でテスト!【グーEVテスト】

 欧州や中国では、クルマを取り巻く環境や政府の補助金政策なども追い風となり、EV(電気自動車)のセールスが急進。対する日本も、普及はまだまだこれからという状況ながら、補助金の充実や新しいEVの登場&上陸など、EV関連のニュースが次々とメディアをにぎわせている。そうした状況もあり、「そろそろかな」とEVが気になり始めている人も案外多いのでは?

 とはいえエンジン車とは異なり、EVの所有はハードルが高いのも事実。航続距離や充電効率、使い勝手などは車種によって大きく異なるため、どんなモデルが自分にとってベターな選択なのか、見分けるのがまだまだ難しい。

 本連載は、EVや自動運転車といったクルマの先進技術に造詣が深い自動車ジャーナリスト・石井昌道氏の監修・解説の下、各社の注目モデルを毎回、同様のルートでテスト。実際の使用状況を想定した走行パターンでチェックすることで各モデルの得手不得手を検証し、皆さんの“EV選びの悩み”を解決することを目的とする。

 今回フォーカスするモデルは、トヨタ「bZ4X」のFWDモデル。ハイブリッドカーのパイオニアであるトヨタが手掛けたEVは、果たしてどんな実力の持ち主なのだろうか?

・トヨタ bZ4X(FWD)のプロフィール

 2021年12月14日、トヨタ自動車は将来的なEV戦略説明会を開催。2030年までに30車種のEVを市場投入し、2030年にはグローバルで350万台のEV販売を目指すとアナウンスした。

 この数字はレクサスブランドも含んだものだが、実は2021年5月に開催された2021年3月期決算説明会の席上、トヨタは「2030年には200万台のEVとFCEV(燃料電池車)を販売する見通し」と発表したばかりだった。それからわずか半年あまりで計画を大幅に上積みしたことになる。

 トヨタがEVにかける強い思いを表明した2021年12月14日のEV戦略説明会において、多数のコンセプトカーともにプロトタイプが公開されたのが、2022年5月に発売がスタートした「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」だ。スバルとの共同開発によって誕生したトヨタブランド初の量産EVである。

 bZ4Xは、オリジナルのボディを与えられたEV専用モデルであり、トヨタとスバルのエンジニアが共同開発した“e-TNGA”と呼ばれるEV専用プラットフォームを採用する。

 ボディのスリーサイズは、全長4690mm、全幅1860mm、全高1650mm。SUVスタイルのクルマとしては全高が低めなのに加えて、ホイールベースが2850mmと長めにとられていることから、サイドビューは伸びやかでスポーティな印象を受ける。

 EV専用プラットフォームを採用した恩恵は、キャビンにおいて顕著に感じられる。71.4kWhのバッテリーを搭載しながらフロアに大きな張り出しがなく、特にリアシートの乗員はゆったり座れる。またラゲッジスペースは、フル乗車時で奥行き985mm、最大幅1288mmという空間を確保した。

 コックピット回りでは、フードのない個性的なトップマウントメーターやダイヤル式のシフトセレクターが目を引く。トップマウントメーターは新型「プリウス」にも同様のものが装備されたことから、今後、トヨタの電動車ではスタンダードとなっていくのだろう。

 駆動方式はFWDと4WDとが用意されるが、今回の試乗車は前者。FWD仕様は最高出力203.9ps、最大トルク266Nmのモーターで前輪を駆動する。ちなみに4WD仕様は、フロントとリアにそれぞれ最高出力109ps、最大トルク169Nmのモーターを搭載したツインモーター仕様となる。ちなみに、1度の満充電で走れる航続距離(WLTCモード)は、FWD仕様の場合、最長559kmとアナウンスされている。

 そんなbZ4Xの最大の特徴は、サブスクリプション、つまりリースのみでの販売となること。車両本体や税金、メンテナンス費用、さらには任意保険まで含んだ総額を毎月一定額ずつ支払いながら利用権を得るというスタイルだ。これは、走行用バッテリーの劣化やリセールバリューの低下など、EV購入に関するさまざまな不安要素を払拭するための配慮であり、トヨタのサブスクサービス「KINTO(キント)」を通じて提供される。

■グレード構成&価格
・「Z」<FWD>(契約期間10年/申込金38万5000円/1〜4年目月額利用料10万6700円/4年目以降は割引あり)
・「Z」<4WD>(契約期間10年/申込金38万5000円/1〜4年目月額利用料11万5500円/4年目以降は割引あり)

■電費データ
「Z」<FWD>※20インチタイヤ装着車
◎交流電力量消費率
・WLTCモード:141Wh/km
 >>>市街地モード:123Wh/km
 >>>郊外モード:134Wh/km
 >>>高速道路モード:155Wh/km

◎一充電走行距離
・WLTCモード:512km

・【高速道路】WLTC値に対して80%の達成率は、冬であることを考えれば健闘

 EVはヒーターの負荷が強くなる冬場に電費が落ちこみ、20〜30%程度の違いがあると言われている。

 当EVテストでも同じクルマで寒い冬と過ごしやすい春秋を比べてみると15〜25%程度の違いがあったことを確認している。今回のテストも冬なので電費に不利だが、12月にしては暖かいと言える日で、スタート時の朝6時の気温は6℃。年末ということもあって交通量が多く、ペースは下がり気味。高速道路では電費に有利に働く状況だった。

 bZ4Xの電費は制限速度100km/h区間のその1が5.1km/kWh、その4が5.2km/kWh、制限速度70km/h区間のその2が5.2km/kWh、その3が5.5km/kWhだった。

 その1もその4もいつもにも増して交通量が多くてペースが上がらなかったので、比較的に順調に走れたその2とほぼ同一。つまり制限速度70km/h区間での標準的な電費が5km/kWh台前半とみていいだろう。その3は制限速度70km/h区間だが、工事が長くて20〜30km/hまでペースが落ちることもあり、電費が伸びて5.5km/kWhになった。

 bZ4XのFWD、20インチタイヤ仕様のWLTC高速モードの電費は6.45km/kWhで、それに対して達成率80%といったところで、冬場であることを考えれば妥当なところ。ペースが上がらずそこは有利なはずなので、もう少し伸びてもいいかな、という感触もあった。トヨタ初の本格普及EVということもあって注目モデルなので、春になったら再びテストして電費の違いを見るつもりだ。

・【ワインディング】冬場の不利さを感じさせない優秀な数値となった

 約13kmの距離で高低差が963mもある箱根ターンパイクは上りと下りで電費が大きく違う興味深い区間だ。

 下りでは回生ブレーキが効き、電力が取り戻せるのがEVならではでエンジン車に対して有利な部分なので、このEVテストでは取り入れている。上りの電費は1.4km/kWh。Bセグメントなど軽量コンパクトなモデルなら2.0km/kWh台にのることもあるが、Dセグメントで車両重量1920kgのbZ4Xは標準的か、冬の分ちょっと不利だったぐらいだ。ちなみに車両重量が近いモデルの電費は、5月に行った日産アリアB6(1920kg)が1.8km/kWhだった。

 下りでは電費計の推測から3.6kWh分の電力を……

詳しくは[レポート記事]をチェック!
https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/testdrive/185212/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=B4LZ795WDgs

トヨタ bZ4Xのカタログ情報はこちら
https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/BZ4X/?utm_source=youtube.com&utm_medium=referral&utm_campaign=EV_TEST&utm_content=B4LZ795WDgs

TOYOTAカテゴリの最新記事