【Webikeモトレポート】バイク王 絶版車試乗会モデルスズキ「GSX1100S KATANA」公道試乗

【Webikeモトレポート】バイク王 絶版車試乗会モデルスズキ「GSX1100S KATANA」公道試乗

バイク王が店舗やイベントなどで行っている絶版車試乗会は、貴重な往年の名車に見て、触って、試乗までできる太っ腹イベント。今回はそんな絶版車試乗会のラインナップから、GSX1100Sカタナをピックアップ。“カタナ”といえばスズキを代表するの名車であり、日本刀をモチーフにしたというその斬新なデザインが何よりの特徴。

1980年のドイツのケルンショーで試作車を登場させ、翌年の1981年から海外では発売が開始されたものの、日本国内で発売されたのは1994年から。2000年には、エンジンなどをブラックアウトした“ファイナルエディション”が限定1100台で発売されている。

今回紹介する機体は、オイルクーラーを装備していることから、94年以降の国内仕様と思われるが、フリーライターの谷田貝 洋暁(身長:172cm 75㎏)が公道インプレッション。

■全長2250 全幅740 全高1195 軸距1515 シート高775(各㎜) 乾燥重量232㎏■空冷4スト並列4気筒 1074cc 95ps/8500rpm 8.6kg-m/4000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量20ℓ ブレーキF=ダブルディスク R=ディスク タイヤサイズF=3.50-19 R=4.50-17
■発売:1994年
■当時価格:89万9000円
※仕様・価格は国内初登場した1994年モデル

SUZUKIカテゴリの最新記事