【乗った気になるリアルサウンド入り】 ホンダ・GB350 バイク試乗ショートレビュー【後編】 HONDA GB350 / H’ness CB350 TEST RIDE 【REAL SOUND】

【乗った気になるリアルサウンド入り】 ホンダ・GB350 バイク試乗ショートレビュー【後編】 HONDA GB350 / H’ness CB350 TEST RIDE 【REAL SOUND】

もう満腹でしょうが、今季注目モデルの1台、ホンダGB350のショート?レビュー【後編】をお送りします。
~以下、ホンダWEBサイトより抜粋~
【ひと目で心をつかむ、存在感】
ライダーの存在感を引き立て、それを支える頼もしい存在であるために。“GB”は、人とバイクの一体感を追求し、デザインされました。ライダーの頭の位置と前後ホイールの中心を頂点に描かれる三角形のシルエットに、タンクからシートへ流れる水平ラインが交差し、安定感のある佇まいをもたらします。また、前後タイヤやシリンダーまわりに設けた空間が、温かみのある形状のタンクやサイドカバー、金属の表情豊かな各部の造りこみを際立たせ、抑揚をもたせながらも調和のとれたスタイリングを実現しています。

【いつも気持ちよく、安心して走れる】
体に近い位置へ設定したハンドルにより、自然と上半身が起き、ゆったりとしたライディングポジションに。これにより、混雑した市街地などでも周囲の状況に目を配りやすくし、取り回しのしやすさ向上につなげています。また、シートの高さやステップ位置、前後タイヤ間の距離など、すべてをライダー中心に考え、運転のしやすさやリラックス感も追求しています。GB350 Sは、よりスポーティーなキャラクターに合わせ、より積極的な走りをイメージさせる、やや前傾したライディングポジションとしました。

【バイク本来の楽しさを、誰にでも】
新開発の350ccエンジンは、「空冷」「直立」「単気筒」という特長そのものを表現し、機能美を追求。シリンダー前後にスッキリとした空間を設け、”GB”の象徴ともなるその存在感を引き立てています。そして、幅広いシーンで力強さと息の長い加速を楽しめる特性を実現。乗り出した瞬間から気持ちよく加速し、街中ではキビキビと軽快に。郊外へ出て長距離を走れば、エンジンの鼓動感を感じながらゆったりとツーリングを楽しむことができます。心を解放するバイクの楽しさを誰もが気軽に、幅広いシーンで堪能できることをめざしました。

【クリアな鼓動で、より深い乗り味に】
振動を抑制するためのバランサーを、クランクシャフト前方に加え、メインシャフトにも装備*。不快な振動を打ち消し、エンジンの鼓動をクリアに伝えることで、心地よい乗り味を実現します。

【心を走らせるエンジンサウンド】
単気筒エンジンならではの鼓動を、よりクリアにライダーへ伝えるため、専用に調律されたマフラー。迫力ある重厚な低音と、弾けるように立ち上がる高音をブレンドした歯切れのいいサウンドを実現し、走りの楽しさをどこまでも高めます。

【より快適でスムーズな乗り味へ 】
クラッチ操作の負担を軽減するアシスト機能と、シフトダウン時の急激なエンジンブレーキによるショックを緩和するスリッパー機能を備えたアシストスリッパークラッチを採用。特に加減速を繰り返す市街地での走行時、ライダーの疲労軽減に寄与します。

【さまざまな道で、いつもの安心感】
前後輪の速度差を感知して後輪の駆動力を制御し、スロットルを開いたときの後輪スリップを緩和するHonda セレクタブル トルク コントロールを搭載。スイッチでON/OFFを選択でき、長距離ツーリングなどでのさまざまな路面状況に対応します。

【関連ページ】
https://www.honda.co.jp/GB350/
#ホンダ
#GB350
#HnessCB350

HONDAカテゴリの最新記事