✅ 日本で買えるPHEVの大本命? 三菱「エクリプス クロス」に試乗

✅  日本で買えるPHEVの大本命? 三菱「エクリプス クロス」に試乗

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCWoRsVKtLmrKc_hjyKzkXGQ?sub_confirmation=1
✍  これから増えていきそうな電動車「プラグインハイブリッド車」(PHEV)だが、では実際に、日本では今、どんなクルマが購入できるのか。まず押さえておきたいのは三菱自動車工業の新車「エクリプス クロスPHEV」だ。ガソリンエンジン搭載モデルも走りは良かったが、PHEVで選べる走行モード「ターマック」はかなり高度な仕上がりだった。 三菱自動車のプラグインハイブリッド車「エクリプス クロスPHEV」 もとからよく走った「エクリプス クロス」  三菱自動車工業の「エクリプス クロス」は、2018年に日本で発売となったコンパクトなクロスオーバーSUVである。三菱自のSUVには「RVR」と「アウトランダー」があるが、エクリプス クロスはその中間に位置する車体寸法だ。  当初は排気量1.5Lのガソリンターボエンジンのみだったが、2020年には外観に手を加えるマイナーチェンジを行い、あわせてプラグインハイブリッド車(PHEV)を追加した。プラグインハイブリッドのシステムは「アウトランダーPHEV」のものを継承する。 三菱自動車の「アウトランダーPHEV」  SUVといえば小型であっても車高が高めで、4輪駆動を採り入れることもあるので、背の高さや車体の重さが影響し、走りがややおとなしい印象であったり、応答が遅れ気味であったりする車種もあった。そんな中、2018年に登場したエクリプス クロスで印象的だったのは、まるで小型ハッチバック車でも運転しているかのような機敏な走りだった。  遠目にはやや厚みがあるように見える後ろ姿も、よく見ると厚さを感じさせているのはリアスポイラーの存在であって、実はリアウィンドウをかなり傾斜させたスポーティーな姿であることに気が付く。それでいて、リアウィンドウ部分の傾斜が後席頭上の空間を制約することはなく、リアシートに座った際の快適性が保たれている。実用性と外観の壮快さを両立する造形なのだ。アウトランダーに比べると荷室容量は小さいが、実用面では十分に荷物を載せられる広さが確保されている。 「エクリプス クロスPHEV」の荷室 重さを感じさせない走りに感心したPHEV  そのエクリプス クロスにPHEVが加わった。システムはアウトランダーPHEVのものを活用しているが、制御などには手を加え、コンパクトSUVらしさを体感できるよう工 …
💖

MITSUBISHIカテゴリの最新記事