トヨタ プリウス 4代目 ZVW50型 S 納車 試乗レビュー /Toyota PRIUS ” Test drive ” Review ZVW50 /D.I.Y. Challenge

トヨタ プリウス 4代目 ZVW50型 S 納車 試乗レビュー /Toyota PRIUS ” Test drive ” Review ZVW50 /D.I.Y. Challenge

4代目プリウスはトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー (TNGA) を採用した第1号であり、そのため乗り心地や走行性能に関しては先代と比にならないレベルになっていると謳われています。TNGA採用により、車高が先代プリウスより20mm下がり1470mmとなった。ボディサイズは、2代目・3代目同様3ナンバー。グレード構成は低い順に「E」→「S」→「A」→「Aプレミアム」となっている。
S以上では専用サスペンションや17インチアルミホイール、専用リヤバンパーを装備したツーリングセレクションが選べる。またS、Aのツーリングセレクションには快適温熱シートと合成皮革が装備される。Aプレミアムでは本革シートとシートヒーターが標準装備されている。
先代と異なるのがヘッドライトが全車にBi-Beamヘッドランプとスマートエントリー(運転席、助手席、バックドア)が標準である。フォグランプもLED化され消費電力を軽減させている。
3代目同様、エンジンには2ZR-FXE型が採用されているが、最大熱効率40%を実現して改良を施すとともに、ハイブリッドシステム全体の小型・軽量化や約20%の低損失化を図ったことで、「E」はJC08モード走行燃費を40.8km/Lに、その他のグレードにおいても37.2km/Lにそれぞれ向上。
ボディカラーは、トヨタ初の技術によってにごりのない鮮やかな赤を実現させた「エモーショナルレッド(メーカーオプション)」、世界初の技術により遮熱機能を持たせた「サーモテクトライムグリーン(メーカーオプション)」、先進性とプレミアムな印象を併せ持つ「スティールブロンドメタリック」の新規開発の3色を含めた9色を設定する。

トヨタ プリウス
4代目 ZVW50型 S 試乗レビュー
Toyota PRIUS ” Test drive ” Review
DAA-ZVW50 /D.I.Y. Challenge / Hide

■タグ
#プリウス #PRIUS #ZVW50

■公式 Store
https://suzuri.jp/DIY-Challenge

■公式 Twitter

■公式 Instagram
https://www.instagram.com/_diychallenge/

TOYOTAカテゴリの最新記事