SUZUKI KATANA Winding Road Test Ride スズキ KATANA(カタナ/刀)試乗レビュー(峠道編)

SUZUKI KATANA Winding Road Test Ride スズキ KATANA(カタナ/刀)試乗レビュー(峠道編)

スズキの今季最大の注目モデルとなった「KATANA」の試乗レビュー(峠道編)をお送りします。

~以下、SUZUKIのWEBサイトより抜粋~
GSX-R1000のエンジンをベースに低回転域の力強いトルクと高回転域でのパワフルなエンジン特性を発揮するよう、ストリート用にチューニング。スズキ独自のSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダーを採用し、フリクションロスの低減と、高い放熱性、耐摩耗性、気密性を確保。各シリンダー下方には、ベンチレーションホールを装備し、ピストンが下降するときの圧力を隣のシリンダーに逃がしポンピングロスを低減する。また、ストリートでのエキサイティングな走りのためにスリッパークラッチを採用。後輪から伝達されるバックトルクを制御し、シフトダウン等における過度のエンジンブレーキによる後輪のロックやホッピングを抑制する。

フューエルインジェクションシステムは、スズキデュアルスロットルバルブ(SDTV)を採用。 マフラーは短く、コンパクトなデザインとサイレンサー本体の色をブラックアウトすることにより、引き締まった外観を強調。エアクリーナー内には、エアを導入するパーテーションプレートを設け、吸気効率の向上と吸気音のチューニングを実現。排気音とあわせ、五感を刺激する高揚感のある加速感を演出。平成28年国内排ガス規制に対応し、環境性能とパフォーマンスを両立させた。LEDリヤコンビネーションランプと、リヤターンシグナルを備えライセンスプレートホルダーが一体となったスズキ初となるターンシグナル付スイングアームマウントリヤフェンダーを採用。シートテール下をすっきりとさせ、ショートテールをより強調。タフで軽量な印象に寄与する。

先進のトラクションコントロールシステムを搭載。この装備により、エンジン出力を効率よくリヤタイヤに伝えることが可能になり、より快適なライディングを楽しむことができる。3つのモードの中から好みのモードを選択でき、オフにすることも可能。
フロントブレーキには、ブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパーを採用。310mmフローティングマウントダブルディスクとともに強力なストッピングパワーを発揮する。ABS※ユニットには、軽量、コンパクトなボッシュ製を採用。
「KATANA」にあわせ、最適なセッティングとした前・後サスペンション、専用設計による優れたグリップとハンドリングを発揮するタイヤを装備。

ワンプッシュで始動が可能なスズキイージースタートシステムを装備。スターターボタンを押すと一定時間スターターモーターを回転させ、32-bit ECMが始動状況を認識しスターターモーターを止める。発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて、エンジン回転の落ち込みを制御するローRPMアシスト機能は、スムーズな発進を実現。また渋滞時の低速走行や、Uターンの際も安心感が得られる。

豊富な情報をライダーに提供する軽量コンパクトなフル液晶ディスプレイ多機能インストルメントパネルを採用し、高いユーザビリティを提供する。

【関連ページ】
スズキ KATANA 製品概要
http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs1000srqm0/top

【映像制作・配信】
MotoBasic
http://motobasic.com/

SUZUKIカテゴリの最新記事