マツダ・ビアンテ 試乗インプレッション 前編 Mazda Biante review

マツダ・ビアンテ 試乗インプレッション 前編 Mazda Biante review

マツダのミニヴァン(徳大寺先生風)が、もういよいよ消えようとしています。いや、もしかしたら実はもう、生産はやめて、在庫販売のみなのかもしれません。
ということで、慌てふためいて車を探し出し、お借りすることとしました。
まず目につくのは、この独特なデザインです。ここまではっきりと好き嫌いが別れるデザインというのも珍しいのではないでしょうか。しかも、ギラギラさせて目立たせる現代のミニバンとも異なり、ヘッドライトやグリルなどの造形によって特徴付けるという手法のものになります。
以前乗ったプレマシーでは、ハンドリングのレベルはミニバンとしては高いと感じたものですが、そのプレマシーをベースに作られた、このビアンテのドライバビリティはどれほどのものなのか、いつも通り後編でお伝えしようと思います。

撮影地:宮城県女川町、石巻市

MAZDAカテゴリの最新記事